autoforward.dll

はじめに

autoforward.dllは受信したメールを指定したメールアドレスに転送するだけの プラグインです。

Sylpheedの受信メールの振り分けをきっかけとして、転送を行います。 すべてのメールを転送もしくは、指定フォルダに振り分けられたメールを転送することができます。

Sylpheedの新着を定期的にチェックしつつちまちま転送したいという、 とてもニッチな需要をもとに開発しました。(2011年当時)

ドラッグ&ドロップでメールをフォルダ間で移動した際にも動作しますので そこだけ注意が必要です。

使い方

  1. プラグインをpluginディレクトリ以下に配置します。

  2. autoforward.moをlib/locale/ja/LC_MESSAGES以下に配置します。

  3. Sylpheedを起動し、[ツール]-[メール転送設定]をクリックします。 転送先のメールアドレス(1つのみ指定できます)を指定します。

  4. ステータスバーのアイコンをクリックして転送機能を有効にします。(オプション設定で常時有効にすることも可能です)

メール受信時と同時に、そのアカウントを使用して指定したアドレスにメールを送信します。

Sylpheed本体のもつ新着メールのチェックと組み合わせることで、 sylpheedを起動中のみメールを転送することができるようになります。

注:タスクトレイに入れていても、プラグイン実行時にはウィンドウが表示されます。

スクリーンショット

autoforward tool

プラグインのロードに成功していれば、ツールメニューに追加されます。

autoforward config

転送先アドレスを指定します。 起動時に有効になるように指定することもできます。

メールの転送対象をすべてもしくは指定したフォルダに振り分けられたメールを対象にすることができます。 転送対象のフォルダは複数指定することができます。

autoforward enabled

メニューをクリックしてはじめて転送が有効になります。

autoforward statusbar off

起動直後はプラグインは無効になっています。

autoforward statusbar on

クリックすると有効になります。

ライセンス

ライセンスは2項目のBSDライセンスを適用します。

ダウンロード

古いバージョンのautoforward.dllが必要な人はこちらからダウンロードすることができます。

開発について

autoforwardはgithubにリポジトリを置いて開発しています。

履歴